Lv1基礎-10 声調符号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは今ここにいます!

コンセプト難易度声調符号
青色個所=へえ、そうなんだ程度に飲み込めるもの
黄色個所=日本語にはない概念で覚えるのに注意が必要なもの
赤色個所=理論的に煩雑になり、覚えることが多く、タイ語学習において踏ん張りどころとなるもの


コンセプト難易度声調符号

タイ語の声調符号

 

タイ語の文字に関する講座が続きます。
この講座ののち、すぐにタイ文字を実際に書く練習を提案していきます。

ここまで、

  • 子音
  • 母音

について講座を見てきました。
これだけではタイ語で日常的に使われる文字のすべてをカバーできているわけではありません。
タイ文字を構成する要素はほかにもあります。それらは、

  • 声調符号
  • 母音の変化
  • 複合子音
  • 特殊文字

です。

これらをすべて押さえれば、
タイ語の新聞を読んでも雑誌を読んでも映画の字幕を見ても、
見たことのないものはなくなります。

このページでは、
声調符号について学習します。

 

母音の変化について体系がとても複雑です。一つの山場です。

複合子音についてはパターンが限られていますがこれも複雑です。

特殊文字については数も少ないので学習ボリュームはそんなに多くありません。

それでは、タイ語の声調符号についてみていきましょう。

 

タイ語の声調符号

 

タイ語には声調符号というものがつきます。
これが文字と組み合わさることによって、
Lv1の最初に出てきた五声の声調のいずれになるかを指定します。

その規則については非常に煩雑になるため
もう少しタイ語に慣れていただいてからLv1の後半で解説します。

このページの時点では、
「ああ、そういうものがあるんだな」
程度にとらえていただき、
それらにどういう種類のものがあっていくつくらいあるのか、
それだけ覚えていただければかまいません。

 

 

声調符号の数と種類

では、実際いくつあってどういう文字なのか。

声調符号の数は、4つ、です。たったの4個。

全部まとめて表にしました。
ToningMark

この講座ではタイ文字を理解し
将来総合的なタイ語運用能力の向上を目指すため
タイ文字にどんどん触れていっていただきます。

 

 

さて、どこかで見覚えのある文字列が出てきました。
Lv1の最初に出てきた、声調五声です。

タイ語の声調五声には、

  • 平声
  • 低声
  • 下声
  • 上声
  • 高声

の五つがありました。

それぞれ、タイ語/音素では

เสียง สามัญ sǐiaŋ sǎaman
เสียง เอก sǐiaŋ èek
เสียง โท sǐiaŋ thoo
เสียง ตรี sǐiaŋ trii
เสียง จัตวา     sǐiaŋ jàtàwaa

でしたね。

 

声調符号の名称はすべて、ไม้で始まっています。

そのあとに、声調のèek/thoo/trii/jàtàwaaがきています。
なので、声調と同じことを表しているのかな、
つまり声調符号のไม้เอก/mái èekは、

低声/เสียง เอก/sǐiaŋ èekのこと(以下同)と思いたくなりますが
実はそうでともかぎらないのです。

 

は?

 

声調符号のไม้เอก/mái èekがついて声調もเสียง เอก/sǐiaŋ èekになることもありますが、
文字の組み合わせによっては声調がเสียง โท/sǐiaŋ thooになる場合もあるのです。

 

 

ไม้/máiは「印」、เสียง/sǐiaŋは「音」

ここは詳細を説明すると非常に煩雑になりますので
Lv1の最後「声調規則」の項目でまとめて説明します。

 

ここでは、ไม้/máiは「印」เสียง/sǐiaŋは「音」をあらわし、
声調符号と声調の間には1対1の関係にはないとだけ覚えておいてください。

 

Picture5ๅ

 声調符号の特色

声調符号は、子音の上につきます。
母音の一部と子音は重なることがあるため
(たとえばกิのように、子音と母音が上下に並んで書かれることがある)
母音の上についているようにも見えますが、
母音だけの上に単独でつくことはありえません。
(อは除く)

 

ウィキペディアのタイ語ページのスクリーンショットです。
声調符号がついている文字に赤□をつけてみました。

seichoukigourei

ものすごく頻出してますね。

すべて、子音もしくはอの上に来ています。
ไม้เอก/mái èekとไม้โท/mái thooが圧倒的に多いですね。
ไม้ตรี/mái triiとไม้จัตวา/mái jàtàwaaは確かに日常生活でもあまり出てきません。
お目に書かれたら、レアといえるかもしれません(笑)

 

タイ語の声調符号 まとめ

 

  • 声調符号には4種類ある
  • 声調符号と声調は名称は似ているが、いつも1対1ではない
  • 頻出するのはไม้เอก/mái èekとไม้โท/mái thoo

 

 

 

たったの4つの記号だけですから、覚えやすかったかと思います。
それでは次の項目へ進んでください。

ひとつ前の講座:Lv1基礎-09 タイ語の母音 へもどる

次の講座:Lv1基礎-11 末子音の発音 その1 へすすむ

 

 

質問・コンテンツリクエストはこちら:リクエスト・質問ページ

コメントはこちら:談話室ページ


公開日:
最終更新日:2016/09/24

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です