タイ語が聞き取りづらいのはなぜ? 声門絞り

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界でも希少、世にも珍しいタイ語の発生方法

日本人にとってタイ語が聞き取りづらいその一つの理由に「声門絞り」というものがあると考えます。

これは喉を絞って、「ドナルドダック」のようなワントーン甲高い声で声を出す発生方法です。

これに相まって

  • 末子音のミュート
  • 日本語にはない声調
  • 日本語にはない母音
  • 日本語にはない子音
  • ものすごく速い会話速度

の相乗効果でタイ語が聞き取りにくい言語になっています。

日本人には無理なのか?タイ語の聞き取り

そんなことはありません。

相手を知れば、
つまり認識することができれば
注意を払って練習に取り組むことができます。

今回は「声門絞り」について、
それが何なのかを動画で説明しました。

タイ語のCDやタイ人との会話の際には、
このことを思い出してください。

ちなみに「声門絞り」は、
わたしの知る限りラオス語とタイ語でしか行われることのない世にもまれな発生方法です。

(ほかの言語でもあるよ、という情報をお持ちの方はお知らせください。)


 

音読添削は通信講座で☆通信講座詳細は以下無料レポートでご確認ください。

本サイトのコンテンツを用いてあなたのタイ語学習を最大限に加速するためにタイ語の学習手順についてまとめた小冊子を用意しました。以下をクリックしてダウンロードし日々のタイ語学習にお役立てください!

タイ語は独学・自習で本当にうまくなるのか?そんな不安にすべてお答えします。ある秘訣を押さえて学習に取り組まないと時間をかける割にはいつまでたっても話せない・わからない・どれだけできるようになったかわからないという不安にさいなまれてしまいます。結果につながらない学習のやり方を繰り返していませんか?一度あなたのタイ語学習をその根本から見直してみましょう!
muryourepocover
レポート文末にはあなたの学習を最大限にサポートするためのとっておきの提案もあります☆

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ


 - コラム