パラグライダー @タイランド!

タイでもパラグライダーが楽しめるの知っていました?!まだまだ日本では知られていないタイでのフライト情報について配信していきます!

年末年始 フライトツアー カオデン ペチャブリー県 5日目 その2 終

      2016/06/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて次は、
渋滞の時間がまったく読めないので
とにかく空港の近くまで移動します。

 

ついたのは、ビッグシー・バンナー。
BIG C、です。

 

要はタイのスーパーマーケットで、
日用品から家電まで、何でも揃います。
併設されているセントラル・バンナーも名が高いですが、
こちらはちょっとハイソな感じ。

家電製品とかはほとんど輸入品なので、
たとえばシムフリーのケータイ電話とか
日本で手に入れられないもので
しっかりしたものを買いたいときは
立ち寄ってみることをお勧めします。
かたやビッグ・シーはどちらかと言うと
~中間層向けで、食材など一般家庭で使われているようなものが
取り扱われており、
歩いていると生活の息吹が伝わってくるようです。
タイのスーパーマーケットはとにかくばかでかい。
日本のコストコのようなイメージでしょうか。

さらに食堂アリ、床屋アリ、マッサージ屋さんアリ、
休日を一日ここで過ごす人も多いようです。
では早速お買い物♪

 

WM-20160103_163209-T

WM-20160103_170848-T
こちらの棚は、タイ各地の特産品コーナーです。

一村一品運動をやっていて、
地域の名産品が並びます。

 

県、市、町と日本の行政階層に当てはめるとしたら、
県=ヂャンワット(Changwat/จังหวัด)
市=アンプー (Amphoe/อำเภอ)
町=タムボン (Tambol/ตำบล)
がタイの行政階層です。

タイは国土面積が日本の1.6倍です、
最下層の行政区域のタムボンで全土で7500以上あります。
タムボン単位で村おこししよう、ということですが
地形のあまり変わらない平野部が延々と続く(つまり文化的な差が出来にくい)こともあり
さすがに7500の名産品があるわけではありませんが、

北部は山岳、南部は海の文化、ということで
それなりにその土地でしか取れないものなども手に入ります。

One Tambol One Product、の頭をとってOTOPと呼ばれています。

面白いですね。

 

WM-20160103_185703-T

次は階下に併設されているマッサージ屋さんへ。

よく、観光客向けのマッサージ屋にはいると
あんまり上手じゃないことがありますが、

ここはタイ人が使うタイ人のためのマッサージ屋さん。
しっかりと市場競争原理が働いていて、
やる気のないなんちゃって施術師はいません!!

これと同じで、タイ人がよく入っているレストランはおいしいと言えます。
ぼろくさい屋台とかでも、タイ人が集まるお店は味がいいのです。
個人で旅行される場合は、そういうところにぜひ突撃してみてください!
おそらく言葉は通じませんが、珍しがられてよくしてもらえると思います☆

マッサージを受けるコツは、
痛くても力まないこと。
施術師さんが言っていました。

力むと効かない上に揉み反しが来ます。
流れに身を任せて、
自分の筋肉がほぐれていくさまをゆっくり感じましょう。

一時間の施術で体すっきりです。
確か値段は250バーツ、900円程度です。

チップの習慣があるので、
20%くらいの金額をお世話になった施術師さんに差し上げましょう。
20%っていったって200円くらいですからね。
上手だなぁと思ったら、
100バーツあげちゃいましょう!
満面の笑みが返ってきます。

 

そんなこんなで、
5日間のフライトツアーも終わり。
運転手さんは何一ついやな顔をせず
わたしたちのフライトツアーを楽しいものにしてくれました。
WM-20160103_211646-T

WM-20160103_211727-T

K-techご夫妻ぜひまた、
そしてまだ来られたことのない方も
タイに遊びに来てください!

カオサダオ、カオデンだけじゃありませんよ!
見所いっぱい、
雄大な景色いっぱい、
そして世界中から集まってくる
フライトマンシップにあふれるパイロットたちと仲良くなれます!

 

 

 

ところで、今回ツアー中ずっと
お世話になった運転手のカーオさん。
いろいろ走り回ってもらいましたが
始終ニコニコ機嫌よく対応してくれました。
ありがたいものです。

こんなことホントは書きたくないんですが、
むかし、仕事でタイに出張に来た人をアテンドしたら、
運転手は都合のいいように使える下人のように思っている人がいて
とんでもない態度で接していました。
それを見てかなり人間性に???を感じてしまいました。

運転手さんがいてくれなければ自分ひとりではどこにもいけないのに
どうしてああいう横柄な態度を取れるのでしょうか・・・

まさかパラグライダーのパイロットにはそういう人がいるワケないのはわかってますが、
ふと思い出したので備忘録でちょっとリンクしておきます。

言葉遣いや態度は相手に伝わるものです、
わたしもまだわかってなかったころには失敗もありました。
言語学習にご興味のある方はどうぞ。
↓↓↓↓↓↓
言葉遣いに関する考察(別コンテンツ)
全5話

↓ところで今何位くらいだろう?♪↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ





 - フライト日記 , ,