元ジェットの 旅行記

見たことないものを見る、やったことないことをやる、行ったことないところへ行ってみる!とにかく当たって砕けろ!で毎日が探検!RPGの人公になったつもりで未体験ゾーンを開拓していきます♪

ブアカーオの実家

      2016/12/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムエタイ国民的英雄、ブアカーオ

 

2013年末、スリン県の象祭りを見にこうと旅行に出かけたとき
近くにかのブアカーオ・ポー・プラムックの実家があると聞き、
知り合った地元の人に連れて行ってもらいました。

スリン県のシーサゲート県との県境近くのとある郡にあるのですが
鉄道の駅にもなっているところです。

駅から20分くらいでしょうか、
車を走らせるとご実家が見えてきました。

最初、「連れて行ってやる」と地元の人が
好意で行ってくれたんですが、
連れて行ってくれるとはいえそこは個人の家だし、
そんな風にして来客が野次馬根性で家に訪ねてきたら
さすがに迷惑だろう、
とも思ったんですが、

タイの地方では知り合い同士のきずなが強いというか、
あまり自他の境界を明確にしないようで、
なんかしり込みしましたがそのままその案内についていくことにしました。

そのスリン出身の案内役の人は
ブアカーオの親族と知り合いだそうで、
同じ里のもの同士だから心配いらん、
とのことでどんどん家の中まで車を入れてしまいます。

・・・
大丈夫なのだろうか。

すると、ブアカーオのご親族が実家にいらっしゃって
すみません、外国人観光客なんですが
お邪魔でなければ、ブアカーオさんの練習したジムを見学させてもらいたいんです、
とお願いすると、
いいですよ、どうぞご自由に、
と慣れた様子でジムを見学させていただきました。

さすがにブアカーオ本人はその時いなかったようです、
いたとしたら、スーパースターに間近で会えるかもというドキドキと、
「人の家にずかずか入ってくんな!」と弩突かれたらどうしよう、と
不安と期待が入り混じった複雑な感じでしたが
いなくて、ちょっと安心したような心残りなような不思議な感覚でした。

許可をいただいたので、写真に収めさせていただきました。

 
WM-20131115_090448_s

WM-20131115_091008_s

WM-20131115_091019_s

WM-20131115_091036_s

WM-20131115_091053_s

WM-20131115_091141_s

WM-20131115_091202_s

WM-20131115_091231_s

WM-20131115_091652_s

WM-20131115_091702_s

WM-20131115_091755_s

WM-20131115_091803_s

スーパースターをはぐくんだジム、その質素な様子

今となっては、
ブアカーオの試合はタイでは必ず中継され、
「タイ国が誇るスーパースター」との前置きの後に紹介される
それこそ国民的英雄。

ジムの様子は、エアコンも何もなく、
半屋外で、
サンドバッグが2、3本ぶら下がっているだけの質素なものでした。

これをみて、
あぁ、設備とか環境とか、
物事がうまくなる原因っていうのは環境じゃないんだな
と実感しました。

言っちゃ悪いですが、ものすごく質素です。
ここでタイナンバーワンのムエタイ選手が生まれたのか、と思うほどです。

ブアカーオ選手は幼少期から、
親孝行したい一心で練習に励んだそうです。

もちろん本人の努力も大きな要因でしょうが
保護者の教育が良かったんでしょう、
幼少期に片親をなくされたそうですが
そんな悲しみをバネに、タイ一の選手になったのです。

ブアカーオはスーパースター、ではあんたはいったい何なんだ?

そんなバンチャメーク・ジムを訪れて
あぁ、自分も何か、価値あることを成し遂げなきゃなぁ。
と思いました。
奇しくも、わたしはブアカーオと同世代なんですよね。
歳でいえば3つほどブアカーオのほうは下になりますが、
かたやこんな質素なジムで練習して世界一になっちゃって、
ところでわたしはいったい何をやっているんだろう?

もし、本人がここにいて、
やぁ、君も同世代かい?ところで、今、何をやっているの?
何を成し遂げてきた人間なの?簡潔に説明してもらえるかな?
よい友達になれるかもしれない。
といわれたとしたら、

なんて答えたでしょうね。
言葉に詰まっていたかもしれません。
もちろん相手はスーパースターで忙しい人でしょうから、
長くても1分で「わたし自身の人となり」を説明しなければいけません。
できなかったら、みっともないですね。

これ以降、わたしの中では
「これだけは人に負けるものか」というものをいくつか持つように努力するようになりました。
別に人に自慢したいわけでも、
他人の目を気にするわけでも、
競争相手を打ち負かそうとするわけでもないですけど、

せっかく生きているのに
何も成し遂げないんじゃもったいないよなぁ。
と思ったものです。

その一つが、
「外国語学習」。
こればかりはある程度自分で自信を持てるように
あり続けよう、と思い続けてきました。

タイに来て5年の節目、
学習サイトとして形にすることもできました。
タイ語学習サイトのリンクはこちら

まぁ世界一の人と比べたら何ともない話ですが、
そんなインスピレーションを得られたブアカーオ実家訪問、
大変お邪魔いたしましたm(__)m

うへへぇぇへへへ!!
ブアカーオダぁ!!
来たぜスーパースターの実家!
すげぇだろ?!
ブアカーオだぜ?!
ひゃっほぅぅ!!
写真撮りまくりぃぃ!!
とはしゃいでいるだけだったら
それこそウザさ満点のただの邪魔な来客にすぎませんからね。
「来てくれるな」といわれること間違いなしでしょう。

なんだか、博物館を訪れているような神妙な気分でした。

ブアカーオの名前あれこれ

ところで、タイのムエタイ選手はリングネームに自分のジムの名前を付けます。
彼の出生のジムの名前はバンチャメークなので、
ブアカーオ・バンチャメークとアナウンスされることが多いですが、
世界的にはブアカーオ・ポー.プラムックで通っていますね。

なんでなんでしょう?
どなたかわかる方いたら教えてください。

わたしはこの「プラムック」のことを、
ปลาหมึก(イカ)だと思い込んでいました、
しかし実際はประมุข(指導者)のほうが正解だったようです、
どちらも日本母に音写すると「プラムック」ですからね。555
バカ丸出しです。

ブアカーオのベストファイト

そんなブアカーオ選手、
最近のベストファイトといえばこれでしょう。

ブアカーオがすごかった、とかではなくて、いい試合だった、という意味で、です。


相手はイー・ロンという中国のカンフー?散打?の選手。
ものすごい根性です。
ブアカーオも終始やりづらそうな試合運びで、
判定になったときブアカーオの手が挙げられて勝利宣言されましたが
「え?オレ勝ったの?」という感じでしたね。

試合後はお互いに相手をたたえるリング上での膝まづいての敬礼。
このスポーツマンシップ美し過ぎです。

このイー・ロンという選手、結構な注目選手で
いろいろなところで試合を行っているようですが、
なかには結構危ないノックアウトがあったりして、
持ち前の根性で観客を魅了してくれるのはいいのですが
将来ダメージが残らないといいんですけどね。

体の限界を根性の強さが上回っている稀有な選手のようで、
もうダメだ、もらった相手のパンチなりキックなりがかなり効いてしまった、
もう立ってるだけしかできない、反撃もできない、タコ殴りにされるだけ
という状況に追い詰められてもダウンしないんですね。
それで、ぼこぼこにぶん殴られ続けてそのうち失神してようやくダウン。
これじゃぁ体にダメージが残りますよ。。。

 

おわり

↓ところで今、何位くらい?♪↓
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

元ジェット.netではメルマガ配信をしています!
海外生活の豆知識、旅行者に必須の便利情報、語学学習を最大限に加速させる秘訣、パラグライダー関連豆知識、生活を面白くするためのトリックなどなど、オモシロ情報満載!

ゴミ情報は送りません!

過去に配信済の情報へのアクセスもメルマガから!
メルマガ登録ページ




このサイトではタイ・アジアの旅行記以外にもタイ・パラグライダー情報外国語学習情報人生を楽しく生きるためのLifeTIPsタイ語ブログのコンテンツを配信しています。毎日いずれかのコンテンツが更新できています。トップページに各コンテンツの更新情報がまとまっています。きっと役に立つものがありますのでブックマークの上定期的にチェックしてみてください☆


 - 旅行記