「言語を究める。」

タイ語・英語を話し、ビルマ語、ラオス語にもとりんでいる筆者が外国語学習について言語学習について実践豊富に考えていきます!

外国語 学習法 1)暗記テクニック

      2016/05/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さていろいろなプロジェクトの取り組みが続いている毎日ですが、
引き続き語学学習に役立つテクニックをご紹介していきます。

ここまで、マインドセットについてお話ししました。
これらは学習の肝となる考え方であり、
これら抜きでは語学学習がはかどることは「ない」と考えます。
折に触れて、振り返るようにしてください、
何かしら新しいことを感じ取れるはずです。

逆に言えば、これらのマインドセットがしっかり整ってさえしまえば
後はほぼ自動的に学習が進みます。

今後数回にわたりお話ししたい「テクニック」については、
いわば小手先のものといえるものもあるかもしれません。

取り上げる予定のトピックは、
・暗記力を高める方法(無理やり覚える方法)

・参考書は必要か?(参考書なしで語学はマスターできるか)

・単語力を増やす方法(イメージで覚える、感性で覚える)

・リスニング力をつける方法(ラジオやテレビを聞く、会話しているつもりで聞く)

・イントネーションや発音を良くする方法(シャドウイング、マンブリング)

・自分の考えを外国語でまとめる力をつける方法(ニュースキャスターに突っ込みを入れる)

・発言やフレーズなど、自分の「言葉」に力(チカラ)を持たせる方法(相手の言っていることを抽象度の高いレベルで捕らえる)

・語学力と生活の充実度を相乗効果的に高める方法(積極的に外に出て行く、言語だけでなく文化を学ぶ、言語は文化と相互補完して成り立っている)

といった内容になります。

それでは、語学学習に役立つテクニックの数々、
お話を始めたいと思います。

暗記力を高める方法

今回は早速ですが、

・暗記力を高める方法(無理やり覚える方法)
を取り上げたいと思います。

暗記できるものとできないもの

期末試験、大学受験、昇進試験、一夜漬け・・・
どうしてもここだけ覚えておきたいんだけれど、
まだまだ覚えきれない。。。

こういうのには誰しも経験がありますよね。

そもそも暗記とは何か。
短期記憶とかいろいろ専門的な言葉でいうのでしょうが、
わたし的には「どうでもいいことをとりあえず覚える」こと、
と定義したいと思います。

円周率、というのがありますよね。
3,14に始まり、延々と規則性がなく表れ続ける無限小数のことです。

これを覚える人がいますが、
なぜ覚えるのでしょうか。
きっと、

  • すごい桁数を覚えてみんなにびっくりされたい
  • 自分の暗記力がどこまでのものなのか挑戦したい
  • 覚えること自体が楽しくて仕方ない

などのモチベーションがあるはずです。
しかし大方の凡人である我々にとって、円周率は「どうでもいいもの」です。

3,14であろうが、3,15であろうが大した違いではありません。
工学者や科学者など本当に必要な人がそれをうまく利用してくれればいいだけの話で
日常生活ではほとんど使うこともありません。

ところで
一時期文部科学省では円周率を便宜的に3にしよう、ということをやったそうですが、
これはさすがにダメでしょう。

延々に不規則に続く数字がある、無理数というか無限小数というか
そういう概念を学ぶ最初のとっかかりが円周率なのに、
「円周率は3です」、これでは無理数という概念が身につきません

この時代に教育を受けてしまった人でいまだに円周率がなんだかわからないのであれば、
別に日常生活では何も困ることはないでしょうが
それはつまり人生の機会を一つ失ってしまったことになります。

なんていうことをやってくれたのでしょうか、
愚民政策としか言いようがありません。

話戻って円周率ですが、
わたしも一時期何を血迷ったか、
「円周率」という名の本をアマゾンで買ったことがありました。

 

購入記録によると2013年、33歳の時に買っています。
一体何やってたんでしょうか・・・

そのまま本棚に放り込まれ、以来永眠しています。

買って満足しただけで全く興味がわきませんでした。

しかしこの円周率も、理屈の上ではどこまでも覚えていくことができます。
暗記することが可能なのです。

 

わたしの例 タイ語に置き換えられた古代語を延々と覚える

わたしはタイの上座部仏教の寺院で短期出家をしたことがあります

タイに長く住んで、募る文化・社会構造への興味から、
タイ人の思考回路の根本は仏教を知らざるしてわかることなし、
と踏んで

思い立ったらやってみる性格から
実際に剃髪し、僧衣をまとい、宿坊で寝泊まりし、勤行ではお経をあげ、托鉢に回り食べ物の喜捨を求める、という生活を3週間ほど続けました。

 

それはまた別のところでお話ししていますが、
ところでその出家をするのに、儀式で宣誓文を唱え上げなければいけないのです。

 

上座部仏教では、
「外国語に翻訳されたお経など、本来の意味とは変わってしまっているに違いない。
お釈迦様のありがたい教えは、お釈迦様の話した言葉で学ばなければ意味がない」
というコンセプトがあります。

そのため、お経も、儀式も、タイ語からしてみれば外来語に当たる
「古代パーリ語」という、
お釈迦様が話していたマガダ語に一番近くて現存する言語、
とされるスリランカ地方に残る文語で執り行うのです。

出家儀式も同じ話で、
パーリ語で儀式を執り行わなければ入門を認められません。

パーリ語は口頭伝承される言語でには文字がないため、
便宜的にタイ語に音写します。

I have a pen, which colour is red, and my friend bought it for me, …
のような英語があったとしたら、
とりあえず英語が読めないと意味が分からないので
アイハブアペン、フィッチカラーイズレッド、アンドマイフレンドボートイットフォーミー、
のようにむりやり我々が読むことができる母語に書き起こしてあるようなものです。

 

これは英語を例にしたので、英語教育を受けてきた我々には何となく想像がついてしまいますが、
わたしが経験したのはパーリ語のタイ語書き起こしです。

 

わけがわかるはずがありません。

 

実際、「出家したいのならこれを覚えてきなさい」と言われて手渡された冊子には
式次第(タイ語)と出家請願文(パーリ語のタイ語音写)が次のように書いてありました。
(スクロールして流してかまいません)

พิธีการบวชแบบธรรมยุต (เอสาหัง)
๏ ขั้นตอนและบทที่ต้องท่องจำ
ใช้ในพิธีบวชแบบธรรมยุต (เอสาหัง)
รับผ้าไตรอุ้มประนมมือแล้วเดินเข้าไปในที่ประชุมสงฆ์ในพิธี (สังฆนิบาต) แล้ววางผ้าไตรไว้ข้างตัวด้านซ้าย รับเครื่องสักการะถวายพระอุปัชฌาย์ กราบด้วยเบญจางคประดิษฐ์ ๓ ครั้ง แล้วอุ้มผ้าไตรประนมมือยืนขึ้นเปล่งวาจาขอบรรพชาว่า
เอสาหัง ภันเต สุจิระปะรินิพพุตัมปิ
ตัง ภะคะวันตัง สะระณัง คัจฉามิ
ธัมมัญจะ ภิกขุสังฆัญจะ
ละเภยยาหัง ภันเต
ตัสสะ ภะคะวะโต ธัมมะวินะเย ปัพพัชชัง
ละเภยยัง อุปะสัมปะทัง
ทุติยัมปาหัง ภันเต สุจิระปะรินิพพุตัมปิ
ตัง ภะคะวันตัง สะระณัง คัจฉามิ
ธัมมัญจะ ภิกขุสังฆัญจะ
ละเภยยาหัง ภันเต
ตัสสะ ภะคะวะโต ธัมมะวินะเย ปัพพัชชัง
ละเภยยัง อุปะสัมปะทัง
ตะติยัมปาหัง ภันเต สุจิระปะรินิพพุตัมปิ
ตัง ภะคะวันตัง สะระณัง คัจฉามิ
ธัมมัญจะ ภิกขุสังฆัญจะ
ละเภยยาหัง ภันเต
ตัสสะ ภะคะวะโต ธัมมะวินะเย ปัพพัชชัง
*ละเภยยัง อุปะสัมปะทัง
อะหัง ภันเต ปัพพัชชัง ยาจามิ อิมานิ กาสายานิ วัตถานิ คะเหตะวา
ปัพพาเชถะ มัง ภันเต อะนุกัมปัง อุปาทายะ
ทุติยัมปิ อะหัง ภันเต ปัพพัชชัง ยาจามิ อิมานิ กาสายานิ วัตถานิ คะเหตะวา
ปัพพาเชถะ มัง ภันเต อะนุกัมปัง อุปาทายะ
ตะติยัมปิ อะหัง ภันเต ปัพพัชชัง ยาจามิ อิมานิ กาสายานิ วัตถานิ คะเหตะวา
ปัพพาเชถะ มัง ภันเต อะนุกัมปัง อุปาทายะ
*หมายเหตุ ถ้าบวชเป็นสามเณรให้ละคำว่า ละเภยยัง อุปะสัมปะทัง ออก
พระอุปัชฌาย์รับเอาผ้าไตรจากผู้บวชวางไว้ตรงหน้าตัก ให้โอวาทและบอก ตะจะปัญจะกะ กัมมัฏฐาน แล้วให้ว่าตามไปทีละบท โดยอนุโลม (ไปข้างหน้า) และปฏิโลม (ทวนกลับ) ดังนี้
เกสา โลมา นะขา ทันตา ตะโจ (อนุโลม)
ตะโจ ทันตา นะขา โลมา เกสา (ปฏิโลม)
พระอุปัชฌาย์ชักอังสะออกจากไตรมาสวมให้ผู้บวช แล้วสั่งให้ออกไปครองผ้าครบไตรจีวรตามระเบียบ ครั้นเสร็จแล้วเข้าไปหาพระอาจารย์ รับเครื่องสักการะถวายท่านแล้วกราบ ๓ ครั้ง นั่งคุกเข่าเปล่งวาจาขอสรณะและศีลดังนี้
อะหัง ภันเต สะระณะสีลัง ยาจามิ
ทุติยัมปิ อะหัง ภันเต สะระณะสีลัง ยาจามิ
ตะติยัมปิ อะหัง ภันเต สะระณะสีลัง ยาจามิ
(พระอาจารย์กล่าวคำนมัสการให้ผู้บรรพชาว่าตามดังนี้)
นะโม ตัสสะ ภะคะวะโต อะระหะโต สัมมาสัมพุทธัสสะ (๓ จบ)
พระอุปัชฌาย์จะกล่าวว่า เอวัง วะเทหิ หรือ ยะมะหัง วะทามิ ตัง วะเทหิ
ให้รับว่า อามะ ภันเต แล้วท่านจะว่านำสรณคมน์ก็ให้ว่าตามดังนี้
พุทธัง สะระณัง คัจฉามิ
ธัมมัง สะระณัง คัจฉามิ
สังฆัง สะระณัง คัจฉามิ
ทุติยัมปิ พุทธัง สะระณัง คัจฉามิ
ทุติยัมปิ ธัมมัง สะระณัง คัจฉามิ
ทุติยัมปิ สังฆัง สะระณัง คัจฉามิ
ตะติยัมปิ พุทธัง สะระณัง คัจฉามิ
ตะติยัมปิ ธัมมัง สะระณัง คัจฉามิ
ตะติยัมปิ สังฆัง สะระณัง คัจฉามิ
พอจบแล้วทางพระอุปัชฌาย์จะบอกว่า ติสะระณะคะมะนัง นิฏฐิตัง ก็ให้รับว่า อามะ ภันเต ต่อจากนั้นก็สมาทานสิกขาบท ๑๐ ประการโดยว่าตามท่านไปเรื่อยๆ ดังนี้
ปาณาติปาตา เวรมณี
อทินนาทานา เวรมณี
อะพรหมจริยา เวรมณี
มุสาวาทา เวรมณี
สุราเมรยะมัชชะปมาทัฏฐานา เวรมณี
วิกาละโภชนา เวรมณี
นัจจะคีตะวาทิตะวิสูกะทัสสนา เวรมณี
มาลาคันธะวิเลปะนะธารณะมัณฑนะวิภูสะนัฏฐานา เวรมณี
อุจจาสะยะนะมะหาสะยะนา เวรมณี
ชาตะรูปะ ระชะตะ ปฏิคคหณา เวรมณี
(และกล่าว ๓ ครั้งว่า)
อิมานิ ทะสะ สิกขาปะทานิ สมาทิยามิ (เสร็จแล้วรับบาตรอุ้มเข้าไปหาพระอุปัชฌาย์ในที่ประชุมสงฆ์ วางไว้ข้างตัวด้านซ้าย รับเครื่องสักการะถวายท่านแล้วกราบ ๓ ครั้ง นั่งคุกเข่าประนมมือกล่าวดังนี้)
อะหัง ภันเต นิสสะยัง ยาจามิ
ทุติยัมปิ อะหัง ภันเต นิสสะยัง ยาจามิ
ตะติยัมปิ อะหัง ภันเต นิสสะยัง ยาจามิ
อุปัชฌาโย เม ภันเต โหหิ (ตรงนี้ว่า ๓ ครั้ง)
พระอุปัชฌาย์จะกล่าวว่า โอปายิกัง ปะฏิรูปัง ปาสาทิเกนะ สัมปาเทหิ ให้รับว่า สาธุ ภันเต ทุกครั้งไป
อัชชะตัคเคทานิ เถโร มัยหัง ภาโร อะหัมปิ เถรัสสะ ภาโร (กล่าวตรงนี้ ๓ ครั้ง เสร็จแล้วกราบลง ๓ ครั้ง)
พระอาจาย์จะเอาสายคล้องตัวผู้บวช บอกบาตรและจีวรก็ให้ผู้บวชรับว่า อามะ ภันเต ๔ ครั้งดังนี้
อะยันเต ปัตโต (รับว่า) อามะ ภันเต
อะยัง สังฆาฏิ (รับว่า) อามะ ภันเต
อะยัง อุตตะราสังโค (รับว่า) อามะ ภันเต
อะยัง อันตะระวาสะโก (รับว่า) อามะ ภันเต
จากนั้นพระอาจารย์ท่านจะบอกให้ออกไปข้างนอกว่า คัจฉะ อะมุมหิ โอกาเส ติฏฐาหิ ผู้บวชก็ถอยออกไปยืนอยู่ในที่ที่กำหนดไว้ (ส่วนใหญ่จะเป็นบริเวณทางเข้าโบสถ์) ต่อจากนี้พระอาจารย์จะสวดถามอันตรายิกธรรม ให้รับ นัตถิ ภันเต ๕ ครั้ง และต่อด้วย อามะ ภันเต อีก ๘ ครั้งดังต่อไปนี้
พระจะถามว่า…………………..ผู้บวชกล่าวรับว่า
กุฏฐัง…………………………………นัตถิ ภันเต
คัณโฑ………………………………..นัตถิ ภันเต
กิลาโส………………………………..นัตถิ ภันเต
โสโส………………………………….นัตถิ ภันเต
อะปะมาโร…………………………..นัตถิ ภันเต
มะนุสโสสิ๊……………………………อามะ ภันเต
ปุริโสสิ๊………………………………..อามะ ภันเต
ภุชิสโสสิ๊……………………………..อามะ ภันเต
อะนะโณสิ๊……………………………อามะ ภันเต
นะสิ๊ ราชะภะโฏ…………………….อามะ ภันเต
อะนุญญาโตสิ๊ มาตาปิตูหิ…………อามะ ภันเต
ปะริปุณณะวีสะติวัสโสสิ๊……………อามะ ภันเต
ปะริปุณณันเต ปัตตะจีวะรัง……….อามะ ภันเต
กินนาโมสิ……………………………อะหัง ภันเต…*(ชื่อพระใหม่) นามะ
โก นามะ เต อุปัชฌาโย…………..อุปัชฌาโย เม ภันเต อายัสสะมา…*(ชื่อพระอุปัชฌาย์) นามะ
*หมายเหตุ ผู้บวชจะต้องทราบชื่อทางพระที่พระตั้งให้ใหม่ก่อนวันบวชและต้องจำชื่อพระอุปัชฌาย์ให้ได้ด้วย
เสร็จแล้วกลับเข้ามาข้างในที่ประชุมสงฆ์ กราบลงตรงหน้าพระอุปัชฌาย์ ๓ ครั้ง นั่งคุกเข่าประนมมือเปล่งวาจาขออุปสมบทดังนี้
สังฆัมภันเต อุปะสัมปะทัง ยาจามิ
อุลลุมปะตุ มัง ภันเต สังโฆ อะนุกัมปัง อุปาทายะ
ทุติยัมปิ ภันเต สังฆัง อุปะสัมปะทัง ยาจามิ
อุลลุมปะตุ มัง ภันเต สังโฆ อะนุกัมปัง อุปาทายะ
ตะติยัมปิ ภันเต สังฆัง อุปะสัมปะทัง ยาจามิ
อุลลุมปะตุ มัง ภันเต สังโฆ อะนุกัมปัง อุปาทายะ
ถ้ากล่าวพร้อมกันให้เปลี่ยนคำว่า ยาจามิ เป็น ยาจามะ และเปลี่ยน มัง เป็น โน
ต่อมาพระอาจารย์สวดสมมติตนถามอันตรายิกธรรม ผู้บวชก็รับว่า นัตถิ ภันเต ๕ ครั้ง และ อามะ ภันเต ๘ ครั้ง บอกชื่อพระใหม่ของตัวเอง และชื่อพระอุปัชฌาย์แบบที่ผ่านมาอย่างละหนึ่งครั้ง เสร็จแล้วก็นั่งฟังพระสวดกรรมวาจาอุปสมบทไปจนจบ พอจบแล้วท่านก็จะเอาบาตรออกจากตัว ให้กราบลง ๓ ครั้ง นั่งพับเพียบฟังพระอุปัชฌาย์บอกอนุศาสน์ไปจนจบ แล้วก็กล่าวรับว่า อามะ ภันเต เสร็จพิธีก็กราบ ๓ ครั้ง ถ้ามีเครื่องไทยทานก็ให้รับไทยทานถวายพระอันดับ เวลากรวดน้ำก็ให้ตั้งใจรำลึกถึงผู้มีพระคุณอุทิศส่วนกุศลแด่ท่าน ขั้นตอนต่อไปก็นั่งฟังพระท่านอนุโมทนาต่อไปจนจบเป็นอันเสร็จพิธี

 

実際これは式次第(タイ語)と出家請願文(パーリ語のタイ語音写)が半分半分ですので、
タイ語の部分は理解することができます。

 

しかし残りの半分は、日本語で
コフリツダセリセヴィェケヂトィワヮォエリイテェルァ・・・・
と書いてあるかのように、
全くタイ語話者には意味をなさない文字列だったのです。

 

これを見てわたしは思いました。

覚えられるわけないじゃないか!!

 

タイ語ではない部分をカタカナに起こしてみました。
わたしがいかに「無意味な」文字列と格闘したかがわかると思います。
(スクロールして流してかまいません)

エーサーハンパンテー、スジラパリニプタンピ、タン パカワンタン サラナン カチャーミ、タンマンジャ ピクサンカンジャ、ラペーイヤーハン パンテー、タサ パカワトー、タンマウィナイェー パパチャン、ラペーヤンウパサンパタン
トゥティヤンパーハンパンテー、スジラパリニプタンピ、タン パカワンタン サラナン カチャーミ、タンマンジャ ピクサンカンジャ、ラペーイヤーハン パンテー、タサ パカワトー、タンマウィナイェー パパチャン、ラペーヤンウパサンパタン
タティヤンパーハンパンテー、スジラパリニプタンピ、タン パカワンタン サラナン カチャーミ、タンマンジャ ピクサンカンジャ、ラペーイヤーハン パンテー、タサ パカワトー、タンマウィナイェー パパチャン、ラペーヤンウパサンパタン
アハン パンテー、パパチャンヤジャーミ、イマーニ ガーサーヤニ ワターニ カヘタワー、パパーチェータ マン パンテー、アヌガンパン ウパーダーヤ
トゥティヤンピ アハン パンテー、パパチャンヤジャーミ、イマーニ ガーサーヤニ ワターニ カヘタワー、パパーチェータ マン パンテー、アヌガンパン ウパーダーヤ
タティヤンピ アハン パンテー、パパチャンヤジャーミ、イマーニ ガーサーヤニ ワターニ カヘタワー、パパーチェータ マン パンテー、アヌガンパン ウパーダーヤ
ゲーサー、ローマー、ナカー、タンター、タジョー
タジョー、タンター、ナカー、ローマー、ゲーサー
アハンパンテー、サラナシーラン ヤージャーミ
トゥティヤンピ アハンパンテー、サラナシーラン ヤージャーミ
タティヤンピ アハンパンテー、サラナシーラン ヤージャーミ
ナモータサー パカワトー アラハトー サマーサムプッタサ
「エーワンワテーヒ」「ヤマハン ワターミ タン ワテーヒ」
「アーマ パンテー」
プッタン サラナン カチャーミ
タンマン サラナン カチャーミ
サンカン サラナン カチャーミ
トゥティヤンピ プッタン サラナン カチャーミ
トゥティヤンピ タンマン サラナン カチャーミ
トゥティヤンピ サンカン サラナン カチャーミ
タティヤンピ プッタン サラナン カチャーミ
タティヤンピ タンマン サラナン カチャーミ
タティヤンピ サンカン サラナン カチャーミ
「ティッサラナカママン ニッティタン」
パーナーティパーター ウェーラマニー
アティナーターナー ウェーラマニー
アプラハマジャリヤー ウェーラマニー
ムサーワーダー ウェーラマニー
スラーメーラヤパチャパマータダーナー ウェーラマニー
ウィカーラポーチャナー ウェーラマニー
ナッジャキータワーティタウィスーカタッサナー ウェーラマニー
マーラーカンタウィレーパナターラナマンタナウィプーサナターナー ウェーラマニー
ウッジャーサヤナマハーサヤナー ウェーラマニー
チャータルーパラチャタパティカハナー ウェーラマニー
アハンパンテー ニサヤン ヤージャーミ
トゥティヤンピ アハンパンテー ニサヤン ヤージャーミ
タティヤンピ アハンパンテー ニサヤン ヤージャーミ
ウパチャーヨー メー パンテー ホーヒ
「オーパーイガン」「パティルーパン」「パーサーティゲーナ サンパーテーヒ」サートゥ パンテー
アチャタケーターニ テーロー、マイハン パーロー、アハンピ テーラサ パーロー
アヤンテー パットー        アーマ パンテー
アヤン サンカーティ        アーマ パンテー
アヤン ウッタラーサンコー    アーマ パンテー
アヤン アンタラワーサコー    アーマ パンテー
グッタン            ナッティ パンテー
カントー            ナッティ パンテー
ギラーソー        ナッティ パンテー
ソーソー            ナッティ パンテー
アパマーロー        ナッティ パンテー
マヌッソーシ                    アーマ パンテー
プリッソーシ                    アーマ パンテー
プチッソーシ                    アーマ パンテー
アナノーシ                    アーマ パンテー
ナシラーチャパトー                アーマ パンテー
アヌンヤートーシ マーターピトゥーヒ        アーマ パンテー
パリプンナウィーサティワッソーシ        アーマ パンテー
パリプンナンテー パッタジーワラン        アーマ パンテー
ギナーモーシ                アハンパンテー _______ ナーマ
ゴー ナーマ テー ウパチャーヨー        ウパチャーヨーメーパンテー _______ アーヤッサマーナーモ
サンカンパンテー、ウパサンパタン ヤージャーミ、ウルンパトゥ マン パンテー、サンコー アヌガンパン ウパーターヤ
トゥティヤンピ パンテー、ウパサンパタン ヤージャーミ、ウルンパトゥ マン  パンテー、サンコー アヌガンパン ウパーターヤ
タティヤンピ パンテー、ウパサンパタン ヤージャーミ、ウルンパトゥ マン パンテー、サンコー アヌガンパン ウパーターヤ
ヤージャーミ「ヤージャーマ」「ノー」

 

 

円周率を1万桁覚えろ、と言われているのに等しいです。
実際は円周率と違い、ある程度パターン化しているのに加え
訳文も探せばあるので
訳と音とを結び付けて有機的にしていけば
いくらかは楽になるのですが、
それでも大変な量です。

 

しかし、自分から「出家させていただきたいです」とお願いした手前
「やっぱやめときます」とも言えませんし、
もうこうなったら覚えるほかありません。

このように、
暗記するのに必要な最低限の条件は、
「それが自分にとって必要なこと」であることです。

これがあやふやだと暗記の効率も落ちます。

 

わたしが円周率の本を買って届いてそのまま本棚で永眠させたように
必要のないことにはモチベーションがわきません。

 

必要性がわいたとたんに、「無意味なもの」が「意味のあるもの」に変わります。

あなたははすでに暗記の必要性があるからこれを読まれているので
最低限の条件はクリアしているもの、と前提しますが、

なんのためにそれを覚えるのか、それを今一度見直してみてください。
そのモチベーションはプラスのものでしょうか?
マイナスのものでしょうか?

 

次回に続く

↓ところでランキング今、何位くらい?♪↓
にほんブログ村 外国語ブログ 語学学習法へ

元ジェット.netではメルマガ配信をしています!
海外生活の豆知識、旅行者に必須の便利情報、語学学習を最大限に加速させる秘訣、パラグライダー関連豆知識、生活を面白くするためのトリックなどなど、オモシロ情報満載!

ゴミ情報は送りません!

過去に配信済の情報へのアクセスもメルマガから!
メルマガ登録ページ




このサイトでは外国語学習以外にもタイ・パラグライダー情報タイ・アジアの旅行記人生を楽しく生きるためのLifeTIPsタイ語ブログのコンテンツを配信しています。毎日いずれかのコンテンツが更新できています。トップページに各コンテンツの更新情報がまとまっています。きっと役に立つ情報がありますのでブックマークの上定期的にチェックしてみてください☆

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
はてなブックマーク - 外国語 学習法 1)暗記テクニック
LINEで送る

 - 心構え