「言語を究める。」

タイ語・英語を話し、ビルマ語、ラオス語にもとりんでいる筆者が外国語学習について言語学習について実践豊富に考えていきます!

外国語学習の心構え 敬語・丁寧語表現を積極的につかう その1  2/5

      2016/02/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、さまざまな言語で敬語もしくは丁寧語にはどのようなものがあるか、
またそれががどのように運用されているかについて
お話しました。

今回は、なぜそれが重要なのか?についてお話します。

敬語・丁寧語の大切さについて

外国語を学習し始めたばかりの方や、
公教育で英語を習い始めたばかりの生徒さんは
そもそもあまり実際に「話す」機会自体が少ないかもしれません。
しかし、熱心に学べば学ぶほど機会なんてすぐに訪れます。

そのときは、ぜひここでお伝えすることを
思い起こしていただきたいです。

初級者であればあるほど、とても致命的なことにもなります。

メリット

  • 敬語・丁寧語は相手を気分よくさせます

想像してみてください、あなたが相手の立場だったら、
丁寧な言葉をしゃべる人と話していて気分がよくりますよね?

  • そうすると相手がいろいろ助けてくれるようになります

  あなたと話していて気分がよいので、困っているときも進んで手を貸してくれます。

  • 何か面白い話があれば真っ先に教えてくれるようになります。
  • いろんな集まりに呼ばれるようになります。
  • 社会的地位の高い人と出会う機会が増え、学びの機会が増えます
  • 結果、外国語学習がより飛躍的に加速します。

ふーん、わかるような気がするけど・・・

そんなの普通のお道徳、きれいごとじゃん?

もしあまり重要性を感じなかったとしても、ここからが大切です。

敬語・丁寧語を使わないことで被るデメリット

心がけて丁寧語を使わないと、
期せずしてぶっきらぼうな印象になってしまうことがあります。
ぶっきらぼうで乱暴な人とはあんまりおしゃべりしたくないですよね。

  • そんなつもりではないのに相手にムカッとさせたりカチンと来させたりします。

外国語は言葉が違うだけでなく、その背景である文化も当たり前に違います。
何が地雷になるかわかりません。
ちょっとした敬語や尊称を付け忘れただけで
彼らからしたら大変無礼な言い草になってしまうことがありえます。
敬語・丁寧語を話すだけでそういうリスクを避けれるなら、
避けるほうが賢明です。

  • 助けてあげよう、とあまり進んでは思ってもらえません。

 困ってることをいくら訴えても、
あぁ、そうなんだ。で終わってしまいます。
外国で生活してるとしたら、現地の社会を一番わかっている現地人から
助けてもらえず、結局日本人同士で固まっているしかなくなります。

  • 気に食わない外国人だな、とぼったくられる可能性があります。

お金がいっぱいある人なら気にしなくていいかもしれませんが、
ぼったくられるのはお金があったって気分悪いですよね。
この前、タイでタクシーのおじさんと話してたら
丁寧表現はあれど敬語という概念の薄い英語を話す欧米人は
「まったく礼節がなっとらん」、とぼやいてました。
まぁタイ語と英語では言語の文化的構造が異なる、つまり「ですます調」とかがないので
そのノリで話しかけてくるのでしょう、それを汲み取ってあげないで
「礼節がなっとらん」はちょっと厳しすぎだな、と思いましたが
彼らからすればそう見えてしまうのです。

ここは外国ですしね。タイ人の感じ方に合わせないとタイでは生活がスムーズになりません。

仕返しにぼったくられる可能性、大です。

  • 丁寧語を話す人と比べ、あんまり人からかまってもらえなくなります。

 外国で生活するには特に、人からの手助けは重要です。
現地の人によくしてもらえばそれが一番です。
またあなたが今は日本で外国語に取り組み、
いつか海外で生活したいな、などと考えているのならなおさら、
実際に海外に行ったときに楽しく過ごせるように
まわりに手助けしてくれる人が多いほどいいに決まっています。

進んでとる必要のないリスク

これらの無用なリスクを避けるためにも、
意識して敬語・丁寧語を使うほうが得なのです。

他者と積極的にかかわれないということは
外国語学習において遠回りでしかありません。

 

ということで
敬語・丁寧語を使うことでまたは使わないことでどういうことが起こりえるか、
お分かりいただけたのではないでしょうか。

次回は、わたしの実体験について少しお話したいと思います。

 

つづく

↓応援お願いします♪↓
にほんブログ村 外国語ブログ 語学学習法へ

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
はてなブックマーク - 外国語学習の心構え 敬語・丁寧語表現を積極的につかう その1  2/5
LINEで送る

 - 心構え ,