「言語を究める。」

タイ語・英語を話し、ビルマ語、ラオス語にもとりんでいる筆者が外国語学習について言語学習について実践豊富に考えていきます!

外国語 学習法 4)暗記テクニック

      2016/06/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国語 学習法 4)暗記テクニック

前回まで、脳の仕組みから見た暗記の方法について考えてきました。

語学学習での実践

ここまでの話を、実際の語学学習にどんどん実践していきましょう。
わたしは個人的には単語の暗記は無意味である、と思っています(別の記事で詳しくお話しします。)が、
まぁ知っておいても差し支えないかもしれません、
文法についても究極的には覚える性質のものではないと思っています。

しかし、単語、文法学習の意味はない、これは第3か国語目以降に言えることかもしれません、
わたしにとって日本語以外の第2か国語目となった英語を学んだときは
それこそ単語も文法も結構やったのも事実です。

 

それでは、英語の単語帳、参考書、文法書の学習法で効率の良いものを提案します。

一夜漬けなどに役に立つかもしれません。

 

基本的に、やることは同じです。
・できるだけ声に出して覚えているか確認する
・間違える
こうすることで覚えるスピードが格段に早まります。

 

例として、語学学習に非常に役立つ大阪外語大学のサイトを例にとってみましょう。
このサイトは、教材の少ないマイナーな言語を学ぶのに非常に優れたサイトです。
(リンクは最後)

 

たとえばロシア語を取り上げます。
ちなみにわたしは、ロシア語は全くの門外漢ですが
この方法を当てはめることによって「覚えること」だけであれば対応が可能です。

あなたは初中級者で、すでにロシア語の文字を読めることを前提とします。
大阪外語大のロシア語学習モジュールの第8章では、以下のような画面になっています。
素晴らしいことに、ネイティブの発音まで確認できるようになっています。

Russia1Russia3

これに取り組むにあたり、
いっくらこの画面を眺めて音声を再生しても
覚えることはありません。

 

間違えなければ、脳はそれを既に知っている情報として
もしくは「必要になったときにまた見りゃいいや」とタカをくくって
エネルギーの消費を抑えようとします。
日常生活で見るもの見るものすべてに奏してエネルギーを費やしていては餓死してしまいます。

 

そこで、いったんノートにロシア語の部分だけを書き写します。

факультет     意 味_______
предмет     意 味_______
экзамен     意 味_______
иностранный    意 味_______
язык         意 味_______

このような感じです。

 

そして、自分で空白にした対訳のところを埋めてみます

 

ここでおそらく、間違えることでしょう。
初めて見たページであればなおさらです。
一度眺めただけで覚えられるわけがないのはすでにお話しした通りです。

 

では、早速埋めてみましょう。

いくつできましたか?
全部できたかもしれませんし、
1つ間違ったかもしれません。
2つ、3つかもしれませんし一つもできない場合もあり得ます。

 

これはあなたがアタマが悪いかどうかはどうでもいいことです。
覚えられないのは、それだけ必要性が高まっていないからにすぎません。
どんなにアタマのいい人でも、一日に起こる出来事のすべてに注意を払えているわけではありません。

重要なのは、間違えること、です。
間違えなかったのなら、それはもうすでにあなたは覚えているのですから、
注意を払う必要はありません。

とにかく、自分のアタマで考えて、間違える。
覚えようとして勉強しているのに、間違えなきゃいけないの?
そうなんです。

 

覚えるには間違えるしかないのです。

 

別にロシア語でなくても、何語であれ同じ話です。

 

実際にわたしはこのようにして、
あの難解不読な出家請願文をすべて暗記することに成功し、
実際に上座部仏教の仏門ととして出家入門を許されたのです。
その詳しい様子、出家式当日にあのお経を暗唱している様子は
別途noteの「とりあえず出家してみた」マガジンで記していますので
「えぇーほんとかよー」と思ったあなたはぜひチェックしてみて下さい。
https://note.mu/moto_jet/m/m4b6b2eb895b8

暗記の方法は、ここまでにします。

物事を覚える方法まとめ

 

・自分のアタマで考える

・間違える

 

自分のアタマで考えるには、
問題と解答が同時に記された上記の例のような画面を見ていても一切アタマは働きません。
大阪外語大学のサイトがダメだ、と言っているわけではありません。
あのサイトはすばらしいサイトです。
しかし、使い方を間違えると、豚に真珠となります。

 

ということは、学習用のノートを準備することが必須になります。
そして、自分で鉛筆なりボールペンなりを用いて問題集を作るのです。

факультет     意 味_______
предмет         意 味_______
экзамен         意 味_______
иностранный  意 味_______
язык          意 味_______

のようにです。

そして自分でそれを解きます。
こうする以外に「自分のアタマで考え」、しかも「間違えられる」方法はありません。
ですのでさらに付け加え、
・自分用の学習ノートを作る

これで暗記学習は飛躍的に加速します。

そしてこれを
・反復学習する
のです。

 

 

面倒くさいなぁ、そんなにやらなきゃダメなの?

はい、ダメです。
脳の仕組みから言って、暗記であればこれが一番効率が良いのです。
物覚えのいい人は、これを意識的にやっているか、
また後で詳しく話しますが「ほかの情報と有機的に組み合わせて覚える」ことを無意識にやっているだけです。

 

やれば誰にでもできます。
脳みその潜在的な能力、ポテンシャルは誰しも同じです。

 

暗記をさらに応用

暗記だけでなくとも、基本は同じです。
長文読解も、
自分でまず書き写し、
それを読み、
意味の分からないところをさらに書き出し、
調べて自分で単語帳を作る。

それを自分専用の問題集にし、繰り返し学習する。
繰り返しが必要になりますので、
自分で作った「わからない単語リスト」は
空白のままにしておき、別のページに「練習問題」として解答を書き込むようにするとよいでしょう。

 

練習問題、という話が出ましたが、
参考書によっては「ここの章で学んだことを参考に、次の日本文を英語に訳してください」のような問題が載っているものがあります。
大阪外語大学のサイトでは、以下のような例があります。

Russia2

 

Russia4

ここまでお話しした通り、
「解説」であったり「訳文」であったりは
既に問題と解答が同時に記されているため
いっくら眺めたところで「自分のアタマも使っていない」し「まちがえてもない」のです。

こうした参考書の練習問題は、面倒くさいものです。
しかしこれを実際に自分でやらなければ、
参考書を買った意味がありません。

練習問題は、すべて解く。
この意気込みは参考書に取り組むにあたって非常に大切です。
それが返って、近道になります。
ラクな方法など、ありえません。

 

大げさに言えば、暗記をするということは餓死のリスクを冒さなければいけないのです。

しかし、そうまでして覚えたことはなかなか忘れるものでもありません。

 

ぜひ覚えておいてください♪

それでは、次回は別のトピックに移りたいと思います☆

参考リンク:大阪外語大学外国語学習モジュール
http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/flc/

 

↓ところでランキング今、何位くらい?♪↓
にほんブログ村 外国語ブログ 語学学習法へ

元ジェット.netではメルマガ配信をしています!
海外生活の豆知識、旅行者に必須の便利情報、語学学習を最大限に加速させる秘訣、パラグライダー関連豆知識、生活を面白くするためのトリックなどなど、オモシロ情報満載!

ゴミ情報は送りません!

過去に配信済の情報へのアクセスもメルマガから!
メルマガ登録ページ




このサイトでは外国語学習以外にもタイ・パラグライダー情報タイ・アジアの旅行記人生を楽しく生きるためのLifeTIPsタイ語ブログのコンテンツを配信しています。毎日いずれかのコンテンツが更新できています。トップページに各コンテンツの更新情報がまとまっています。きっと役に立つ情報がありますのでブックマークの上定期的にチェックしてみてください☆

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
はてなブックマーク - 外国語 学習法 4)暗記テクニック
LINEで送る

 - 外国語学習 一般